キャッシングで50万円借りていると、住宅ローンの審査に困る

クレジットカードなどの、キャッシングを利用されている方は多いですが、もしこれから住宅を購入して住宅ローンに申し込もうと考えている場合は、注意が必要になってきます。

住宅のローンとなると長期になるので、かなり審査も厳しく、少しのことでも影響してきます。
特にクレジットカードの利用では、ショッピングのリボ払いや50万円ぐらいのキャッシングをしていたり、または使用してないクレジットカードが5枚以上ある場合です。

もし、支払いが残っている場合は、申し込む前に全額返済しておいて、更にいらないカードは解約した方が安心です。

特にキャッシングの残高が残っている場合は、住宅のローンに加えて月々の返済額が上乗せされて審査がされるので、返済比率があがってしまい、審査の基準を超えてしまいます。
残っている場合は、全額返済と解約をしておいた方がいいでしょう。
また、ローンの相談のときに完済条件を提出して、証明書を提出しても構いません。

また、不要なカードを解約したら解約証明書も提出しておくと審査が通りやすくなります。